/

この記事は会員限定です

ソフトバンク・日通、物流DX支援の新会社 配車効率化

【イブニングスクープ】

[有料会員限定]

ソフトバンク日本通運は、中小物流事業者向けに配車の効率化サービスを始める。トラックの稼働状況をパソコンで一元的に管理するサービスを、低価格で中小事業者に提供する。事業者は空車をいち早く確認し、効率的な配車ができる。

運送業界は人手不足が深刻だ。輸送能力を維持するにはデジタルトランスフォーメーション(DX)を進め、既存の車両を無駄なく活用することが必要になっている。少ない人でより多くの荷物を運ぶことができれば、運賃の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り544文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン