/

この記事は会員限定です

電力不足のフィリピン 休眠34年の原発活用論が浮上

(更新) [有料会員限定]
NIKKEI BUSINESS DAILY 日経産業新聞

フィリピンで原子力エネルギーの導入に向けた議論が動き出しつつある。ドゥテルテ大統領はこのほど省庁横断の組織を設置し、原子力利用の実現性を探ることを決めた。慢性的な電力不足の解消に向け、本格的な議論につながる可能性がある。同国には休眠中の未稼働原発があり、その活用も視野にある。だが、取り組むべき課題は山積する。

「バターン原発は休眠状態にあるが、経済状況は建設当時と様変わりしている」。クシ・エネルギ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1203文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

日経産業新聞をPC・スマホで!今なら2カ月無料

スタートアップに関する連載や、業種別の最新動向をまとめ読みできる「日経産業新聞」が、PC・スマホ・タブレット全てのデバイスから閲覧できます。直近30日分の紙面イメージを閲覧でき、横書きのテキストに切り替えて読むこともできます。今なら2カ月無料の初割実施中!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン