/

新潟県、県営住宅で移動販売 高齢住民の買い物支援

新潟県は県営住宅で移動販売車を使った食料品などの試験販売を実施する。ローソンや地元商店などと連携し、食料品や日用品を週に1回販売する。高齢化が進む入居者の買い物支援のほか、高齢者の交流機会をつくる目的もある。

出店場所は、新潟市北区の県営早通南住宅内の駐車場。21日から11月18日までの毎週水曜日、午後1時から3時まで販売する。ローソンのお総菜や紀の屋(新潟市)の野菜、社会福祉法人愛宕福祉会(同)の焼き菓子などを販売する。

同事業は、新潟県の若手職員による政策提案事業の一環で実施する。新潟県は出店希望の事業者に県有地を有償で提供することで、県が保有する未利用財産の活用にも役立てる。試験販売の売り上げ状況や住民の声などを踏まえ、今年度内の本格実施を検討していく。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン