電力容量市場は失敗か、価格は英米の2倍超 新電力に打撃
科学記者の目 編集委員 滝順一

滝 順一
環境エネ・素材
コラム(テクノロジー)
科学&新技術
編集委員
2020/10/19 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

電力システム改革の一環として政府が創設した新しい市場「容量市場」が議論を呼んでいる。全国の電力需給状況を監視する電力広域的運営推進機関(OCCTO)が実施した新市場の最初のオークションで関係者の事前の想定をこえる高い価格がついたからだ。

オークションでついた価格(約定価格)は1キロワット当たり1万4137円。2010年度以前に建設された古い電源については受取額を約42%割り引く「経過措置」がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]