/

バイト時給、最高更新1091円 9月の三大都市圏

求人情報大手のリクルートジョブズが14日発表した三大都市圏(首都圏、東海、関西)の9月のアルバイト・パート募集時平均時給は、前年同月比2.6%(28円)高い1091円だった。2019年12月の1089円を上回り、06年の調査開始以来の最高を更新した。コロナ禍で業務量が増えている物流やコールセンターなど時給水準が高い職種の求人案件が引き続き上昇をけん引した。

職種別で上昇が目立つのは「物流作業」。前年同月比3.9%(41円)高の1102円だった。「介護スタッフ」は同2.0%(22円)高の1107円。「コールセンタースタッフ」は同3.2%(41円)高の1324円で、事務系職種の中でも100円以上高い。

飲食系は前年割れが続く。「ホールスタッフ」は同1.2%(12円)安の1024円だった。

同業大手ディップが同日まとめた全国の9月のアルバイト・パートの平均時給も1117円と同2.1%(23円)高かった。「仕分け・検品・梱包」は同3.8%上昇したが、飲食系の「ホール・キッチンスタッフ」は同2.9%下落した。

ディップの求人情報サイト「バイトル」に掲載された求人件数は同3割少なかった。内訳を見ると、介護・看護を含む時給水準が高い「専門的職業」が約15%と前年同月比9.2ポイント上昇。フードなど「飲食の職業」は約24%と同5.2ポイント低下した。構成比の変化が全体平均を押し上げている。

アルバイト市場では求人が減り、コロナ感染拡大が本格化する前の人手不足感は後退している。企業からは「採りやすくなった」との声も聞かれる。それでも時給を引き上げる動きが出るのは「職種やスキルのミスマッチが生じている」とリクルートジョブズの宇佐川邦子ジョブズリサーチセンター長は分析する。

時給の上昇が目立つコールセンターのオペレーターや介護は、負担が大きいとのイメージが先行し、敬遠されやすい職種。事務やサービスの求人を待ち続ける求職者も多いという。テレワークの拡大で現場での指導が難しくなり「即戦力になる『自立型』人材が求められている」(宇佐川氏)ことも時給引き上げにつながっている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン