/

この記事は会員限定です

倍返し!絵の謎に挑む 野崎六助氏が選ぶ3冊

半沢直樹 アルルカンと道化師 池井戸潤著

[有料会員限定]

倍返しの国民ヒーローが名画贋作(がんさく)の謎に挑戦する。この取合せの妙が見事。

大手IT企業と老舗の美術出版社――昇る太陽が沈む夕陽を呑み、買収工作に乗りだす。実現に動く大銀行。だが、その裏には、奥深い贋作ミステリの世界があった。名画といえば巨額マネー、銀行の出番だ。

悪い奴はどこまでもワルい銀行員の「鑑(かがみ)」、大勢は追従忖度(そんたく)する。世の中は銀行のために在ると、強引な企業潰しにか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り455文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン