/

この記事は会員限定です

小池知事の「アジャイル都政」(点照)

[有料会員限定]

東京都の小池百合子知事が都政の構造改革に着手した。新型コロナウイルスが浮かび上がらせたデジタル化の遅れといった行政のあり方を抜本的に見直す。「5つのレス」「東京のデジタル・トランスフォーメーション(DX)」「クオリティー・オブ・サービス(QOS)」と言葉は踊るが、根本は約17万人に上る都職員の意識改革である。

小池知事と菅義偉首相は犬猿の仲とされ、菅政権の発足に都政の先行きを憂う向きがある。だが、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り764文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン