/

三菱重工、最新鋭潜水艦「たいげい」進水 神戸造船所で

三菱重工神戸造船所で進水した最新鋭の潜水艦「たいげい」(14日、神戸市)

三菱重工業は14日、神戸造船所(神戸市)で建造中の新型潜水艦の進水式を開いた。潜水艦は「たいげい」と命名された。建造費は約800億円と自衛隊の潜水艦では最も高額で、艦の大きさや排水量も最大規模となる。装備の取り付けなどを終えた後、2022年3月に防衛省に引き渡される予定だ。

進水式には岸信夫防衛相や三菱重工の泉沢清次社長ら約150人の関係者が出席した。潜水艦はドック内の台に載せられ、艦につながる最後の綱を切断したのを合図に台が徐々に沈んで船体が海面に着水した。

新型艦は全長84メートル、排水量が約3000トン。高性能のリチウムイオン電池を搭載し、一度の充電で長期間の航海ができる。戦闘管理システムやソナーなども刷新した。新造の潜水艦としては初めて、女性乗員のための専用の居住区間をあらかじめ設けた。

三菱重工神戸造船所で建造する潜水艦は、たいげいが戦後29隻目となる。海上自衛隊の潜水艦は同造船所と、近接する川崎重工業神戸工場(神戸市)で交互に建造している。防衛省の潜水艦の運用数は現在20隻(練習艦除く)で、21年度末に22隻体制にする方針。現在、たいげいを含めて4隻が建造されている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン