/

この記事は会員限定です

コロナ禍とハイエク 放送大学教授 松原隆一郎

[有料会員限定]

飲食店の閉店が大きなトレンドとして報じられ、街路では宅配サービスの自転車と頻繁にすれ違う今日この頃だが、家飲みが主流になったかというと、私の皮膚感覚は異なる。少数の事例にすぎないが、こんな体験をした。

私は東京の中央線・阿佐ケ谷に住んでおり、近隣の商店街でも閉店が続いて、多くは「居抜き」で設備が転用されていく。面白いのが青梅街道沿いにある、看板が「クリーニング」のままの立ち飲み屋だ。むしろ人目をひ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り445文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン