/

この記事は会員限定です

巨樹の会、宇都宮LRT沿線にリハビリ病院

[有料会員限定]

医療施設を展開する一般社団法人の巨樹の会(佐賀県武雄市)は2022年9月、宇都宮市が整備を進める次世代型路面電車(LRT)の沿線にリハビリテーション病院を開業する。JR宇都宮駅東側に6階建ての病院を建設、駅西側から移転する。22年3月に開業するLRTの乗客増につながりそうだ。

リハビリ病院は脳梗塞や骨折などで治療を受けた患者が身体の機能を回復するために集中してリハビリに取り組む施設。巨樹の会グルー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り849文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン