/

この記事は会員限定です

台湾の大物2人、静かに動く 米中対立のはざまで

[有料会員限定]

米中対立が続き、米大統領選まで残り1カ月となった9月末、台湾の大物2人が静かに動いた。一人は鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者の郭台銘(テリー・ゴウ)氏(69)。もう一人は半導体DRAMの「台湾のゴッドファーザー」と呼ばれる高啓全氏(67)だ。

郭氏は現在、米国にいる。郭氏が設立した基金会の責任者によると「郭氏が個人で手掛ける事業のため」というが、額面通りに受け取る業界関係者は少ない。

郭氏は昨年6...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り785文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン