/

植物から耐熱プラ 過去最高の740度超に耐える 東大など

東京大学や北陸先端科学技術大学院大学などの研究チームは、植物原料を用いて最高の耐熱性能を持つプラスチックを合成することに成功した。これまでで最も高いセ氏740度を超える熱に耐えられる。燃えにくさが求められる航空・宇宙機器の部品などへの応用をにらむ。こうした高機能のプラスチックの生産は石油資源に依存しており、今回の成果は有望な代替手段となる。

開発したプラスチックはセ氏740度を超える熱に耐えられる

環境問題や将来的に石油資源が枯渇した場合に備え、プラスチックを植物原料から作ることが求められている。実用化されている植物由来プラスチックは耐熱性や強度が弱い「脂肪族ポリマー」が中心で、ビニール袋などに用途が限られる。より性能が高く用途の広い「芳香族ポリマー」は、合成に必要な物質を生物から作り出すのが難しかった。

研究チームは遺伝子組み換えした微生物や特殊な化学処理を駆使し、芳香族ポリマーの合成に必要な物質をパルプから作り出すことに成功。この物質とパルプから合成した別の物質を共重合させて合成すると、これまでで最高のセ氏743度の熱に耐えられるプラスチックができた。

開発したプラスチックは耐熱性は高いが「硬いため加工には向かないという課題がある」(東大の大西康夫教授)。今後は合成法を様々に変え、より軟らかく加工しやすい特性の付加などを狙う。7年後の実用化をめざす。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン