/

この記事は会員限定です

国際化・女性活躍映す 北欧ミステリーのキャラクター

北欧ミステリーの旅(2) 杉江松恋(文芸評論家)

[有料会員限定]

本年、最終作『苦悩する男』(柳沢由実子訳、創元推理文庫)が翻訳されたヘニング・マンケルの〈クルト・ヴァランダー〉シリーズは、1990年代を代表する北欧ミステリーである。

60年代のプロトタイプ、〈マルティン・ベック〉シリーズの正統な後継者ではあるが、先人との違いはマンケルがコスモポリタンをもって任じていたことで、アフリカ・モザンビーク共和国の地雷被害者支援など、世界を視野に入れた活動を早くから行...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1180文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン