ANA、一般職の賃金5%カット 労組に提案

サービス・食品
2020/10/13 22:07 (2020/10/14 5:12更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ANAは月例賃金の5%カットなどで人件費圧縮を急ぐ

ANAは月例賃金の5%カットなどで人件費圧縮を急ぐ

全日本空輸(ANA)が労働組合に提案した人件費削減策の具体案が13日、明らかになった。従業員約1万5千人の多くを占める一般職の月例賃金は一律5%カットを提案した。厚生年金保険料の従業員負担も3割から5割に引き上げる。国際線の需要が戻らないなか、人件費の圧縮を進める。

ANAは既に冬の賞与をゼロにすることや賃金の減額などで、年収を3割減らす方針を労組に提案済み…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]