企業の跡継ぎ支援イベント、北海道経産局

住建・不動産
北海道
2020/10/14 13:00
保存
共有
印刷
その他

経産局が19年に実施したイベントには計130人が集まった

経産局が19年に実施したイベントには計130人が集まった

北海道経済産業局は中小企業の事業承継や第2創業を促すためのイベントを拡大する。10月26~27日と11月8日に山上木工(北海道津別町)の山上裕一朗専務らが登壇し、これまでの事業展開について語る。各回で企業の跡継ぎや関係機関から30人程度に参加してもらう予定だ。

木製家具の山上木工は東京五輪のメダルケース制作を請け負い、全国で知名度が高まった。

10月26~27日はオンライン開催。山上専務のほか、中学校教諭を経て実家の建築資材の卸売業に入社し、食用花(エディブルフラワー)の新規事業も企画している山ス伊藤商店(月形町)の梅木悠太氏が登壇する。11月8日は札幌市内にも会場を設ける。

経産局は19年度にも2回、同様のイベントを実施した。反響があったため20年度は回数を増やした。経営支援課の東間達也氏は「ピッチコンテストなども開催して跡継ぎによる事業拡大を盛り上げたい」と話す。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]