/

この記事は会員限定です

ミキハウス、アジア店舗を3年で倍増へ 中国富裕層に的

[有料会員限定]

「ミキハウス」のブランドで子供服を展開する三起商行(大阪府八尾市)はアジアで出店を加速する。富裕層の消費が旺盛な中国を中心に開拓し、2021年末の店舗数は3年前の2倍の80店前後となる見通し。少子化による国内市場の先細りに備える一方、新型コロナウイルスでインバウンド(訪日外国人)の需要が低迷するなかで足元の収益の下支えも狙う。

同社はアジアのほかオセアニア、北米、欧州に出店しており、20年末の海外...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1466文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン