/

茂木氏「イランは行動自制を」 外相電話協議

茂木敏充外相は13日、イランのザリフ外相と電話で協議した。中東の緊張を高める行動を自制するよう求めた。同国の核開発を大幅に制限する2015年の核合意を「イランが完全に履行していない」と懸念し、合意の順守を促した。

ザリフ氏は「地域の安定のために努力する」と答えた。両外相は新型コロナウイルス対策で引き続き協力していく方針で一致した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン