/

この記事は会員限定です

乳量増へAI放牧、牧草の濃淡で乳牛を誘導

[有料会員限定]

システム開発のインディテール(札幌市)が北海道北部の天塩町で乳用牛の乳量や品質を高める実証実験を本格化させている。宇野牧場(北海道天塩町)と組み、人工知能(AI)で栄養価の高い牧草に牛を誘導する。精度を高め、2021年にも酪農ビジネスへの参入を目指す。

宇野牧場は60ヘクタールの牧草地に110頭の牛を放牧している。このほど実施した公開実証ではドローンで牧草の様子を撮影し、AIが「食べどき」「もう少...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り323文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン