/

合人社、積水化学系の株式取得 マンション共同管理

合人社計画研究所(広島市)は、分譲マンションの管理などを手掛けるセキスイタウンマネジメント(東京・港)の株式を親会社の積水化学工業から取得したと発表した。1日付で33%分を取得。取得額は非公表。8日に社名を「セキスイ合人社タウンマネジメント」に変更し、今後は積水化学が手掛ける分譲マンションの管理を共同で担う。

マンション管理業は料金競争の激化に加え、管理組合員の高齢化などを背景に厳しい環境にある。合人社グループは全国で分譲マンションの管理を手掛けていることもあり、スケールメリットを生かして点検費用やシステム関連のコストを安く抑えられる。

合人社計画研究所が分譲マンション事業者と共同で会社を運営するのは18社目。これまで名鉄不動産(名古屋市)やパナソニックホームズ(大阪府豊中市)などとも連携し、各社が販売した分譲マンションの管理を手掛けている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン