/

渋沢栄一の年賀はがき ゆかりの東京都北区が企画

東京都北区は区にゆかりのある実業家、渋沢栄一を題材にしたオリジナル年賀はがきを企画した。渋沢は北区で晩年を過ごしており、2021年NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公。区は同年2月に区立飛鳥山公園内に大河ドラマ館を設ける予定で、地域活性に生かしている。

はがきは29日から区内の郵便局で販売し、渋沢の銅像などがデザインされている。通常より5円安い1枚58円で、購入する区民へ還元する狙いもある。

年賀はがきの企画は渋沢が生誕した埼玉県深谷市との協働事業。同市もオリジナル年賀はがきを29日に発売する予定だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン