静岡県の家庭紙大手、ペーパータオル増産相次ぐ

2020/10/13 19:03 (2020/10/14 0:01更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

訂正>13日19時3分に掲載した「静岡県の家庭紙大手、ペーパータオル増産相次ぐ」の記事中、「第二製紙」とあったのは「大二製紙」の誤りでした。(2020/10/14 0:01)

静岡県の製紙各社で、ペーパータオルを増産する動きが相次いでいる。印刷用紙や包装用紙などの出荷が軒並み落ち込む中、新型コロナウイルス対策で、医療機関や商業施設での利用機会が増えるペーパータオルに生産をシフトして、需要を取り込む。

丸富製紙(静岡県富士市)は、洋紙の一種であるざら紙を主力とする同業の大二製紙(同)と、古紙100%のペーパータオルの生産で業務提携を結んだ。丸富製紙はこれまで、白色と柔ら…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]