/

FCトラックの走行実証、トヨタなど6社

トヨタ自動車と日野自動車が開発するFC大型トラックのイメージ

トヨタ自動車日野自動車アサヒグループホールディングスなど6社は13日、燃料電池(FC)大型トラックの走行実証を2022年春ごろに始めると発表した。トヨタと日野が共同開発するFCトラックを、アサヒグループなどが物流業務で活用する。二酸化炭素(CO2)排出の削減手段としてのFCトラックの有用性を確かめる。

他にネクスト・ロジスティクス・ジャパン(NLJ)、西濃運輸、ヤマト運輸が参加する。トヨタと日野が開発する1度の燃料充填で走行距離が約600キロメートルのFCトラックを活用する。水素充填圧力が70MPa(メガパスカル)の大容量高圧水素タンクを開発する。

アサヒとNLJ、西濃、ヤマト、トヨタが各社の工場や拠点間での物流業務に同トラックを使う。水素充填には東京や愛知県のFCバス向けの水素ステーションを活用するという。約20~30分での充填を目指す。走行実証を通して、燃料電池車(FCV)の使い勝手を検証して実用化につなげる。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン