/

この記事は会員限定です

米IT、第2世代トップの功罪 守りの経営が独占招く

論説委員 田中 暁人

[有料会員限定]

「スティーブ、あなたはいつも私たちと共にいます」。5日、米アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)は共同創業者の故スティーブ・ジョブズ氏の命日にあわせてツイッターにこう書き込んだ。病床のジョブズ氏に代わり、クック氏が経営を引き継いだのが2011年8月。体制は10年目に入った。

希代のビジョナリー(先見の明)でカリスマだったジョブズ氏を「オペレーションの達人」として支えたクック氏は、CEOと...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1430文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン