/

浜松市、押印廃止に向け指針 電子手続きを推進

浜松市は行政手続きに必要だった押印の廃止に向けた指針を策定したと発表した。手続きを簡素化し、書類などのオンライン申請の普及につなげる。関連する条例や規則などは2020年度中の改正を目指す。

市は1998年に押印廃止に向けたガイドラインを施行し、これまでに約500種類の手続きで押印を不要としていた。必要としてきた手続きに関して早急に見直しを進める。マイナンバーなど別の方法での身分証明も検討する。

押印がなければ自宅のパソコンやスマートフォンで手軽に書類申請などができるようになる。市役所に足を運ぶ負担が減る。静岡県内では袋井市などがすでに押印の段階的な廃止を進めている。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません