/

この記事は会員限定です

政策を聞く(SNS中傷対策)

[有料会員限定]

自民・山田太郎参院議員「通信記録の保存延ばせ」

インターネット上の誹謗(ひぼう)中傷の問題はなんとかしないといけない。ネットとうまい付き合い方が必要になる。

総務省を中心にプロバイダー責任制限法の見直しの議論が進んでいる。発信者情報の開示で、海外にあるサーバーなどを経由したケースにどう対処するかが課題になる。

情報開示に向けた裁判手続きの簡素化は良い。投稿者の特定につながる通信記録が3カ月程度しか...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り859文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン