/

この記事は会員限定です

宇宙ごみ除去のアストロスケール、55億円調達

[有料会員限定]

宇宙ごみ(デブリ)除去技術のアストロスケールホールディングス(東京・墨田)は、エースタート(東京・港)や独立系データセンターのアイネットなどから約55億円を調達した。デブリ除去衛星の商用化に向けた開発設備の投資や人材の採用に充てる。

アストロスケールは小型衛星についた磁石やアームでデブリを捕まえたあと、地球に向けて高度を下げ、そのまま大気圏に突入してデブリを熱で溶かす技術を開発する。

デブリは地球...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り262文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン