/

この記事は会員限定です

印刷用紙、アジアで一段安 教育・観光で需要の戻り鈍く

前月比3%下落

[有料会員限定]

パンフレットなどに使う印刷用紙がアジア市場で一段と値下がりした。上質紙と上質コート紙はともに前月比で3%安い。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で急減した印刷用紙の需要は持ち直しているものの、回復ペースが鈍い。日本からの輸出も低調で、国内の紙業界の収益性は厳しいままだ。

印刷用紙で書籍などに使う上質紙の香港向け価格(大口需要家用)は1トン710~800ドルで、9月と比べて20ドル(約3%)下落した...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り732文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン