/

この記事は会員限定です

レンタル収穫ロボが農家を救う 新参者、大手に挑戦状

アグリの新地平(4)

(更新) [有料会員限定]

人手不足の農家から引っ張りだこの農業スタートアップ企業がある。創業から約2年半という短期で野菜収穫ロボットを実用化したinaho(イナホ、神奈川県鎌倉市)だ。収穫期の野菜だけ選び取る珍しい製品で、売らずに貸すことで導入ハードルを下げた。社長の菱木豊さん(37)は技術者でも農業者でもない。志に共鳴した専門家が脇を固め、大手に挑戦状をたたきつける。

「実物見たい」ラブコール続々

佐賀県のアスパラガス農家のビニールハウス。「自動収穫...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1670文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

アグリの新地平

長期衰退から成長産業への転換が期待される農業。最新技術を駆使し、新たな地平を切り開くスマート・アグリ(農業)が各地で広がっている。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン