/

サツドラのエゾデン、北電より1割超安い新プラン

格安料金と独自の特典で顧客獲得を目指す

サツドラホールディングスの電力販売子会社エゾデン(札幌市)は同業のLooop(ループ、東京・台東)と業務提携し、13日から新しい電気料金プランの販売を始めた。北海道電力の基本プランよりも1割以上安い料金設定で、北電の顧客の切り崩しを狙う。

新プラン「おうちプラン」は基本料金が無料で、従量料金のみが請求される。3~4人家族の一般家庭を想定した試算では北電の「従量電灯B」よりも年間で1万~2万円ほど料金が安くなる。

電気料金200円あたり1ポイントがサツドラのポイントカード「EZOCA(エゾカ)」に付与されるコースと、同じ条件で1円が北海道コンサドーレ札幌に寄付されるコースのどちらかを特典として選べる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン