/

この記事は会員限定です

人材確保へ働き方改革推進 増木工業

埼の強み

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに、新しい働き方として在宅勤務やサテライトオフィス勤務などテレワークが急速に普及している。建設・不動産事業を手がける増木工業(埼玉県新座市)は働き方改革を推進するため、コロナ禍以前からテレワークに取り組んでいる。

2019年に山形県米沢市に「米沢営業所」を開設し、経理や設計、積算など本社業務の一部を担うサテライトオフィスとして活用している。埼玉の本社から社員1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン