/

国民民主、官僚への聴取不参加「任命拒否は政治判断」

国民民主党の玉木雄一郎代表は13日の記者会見で、日本学術会議の会員任命を巡り立憲民主党などの野党が開く合同ヒアリングに今後も参加しない意向を示した。「会員の任命拒否は政治判断で、役所に問いただしてもしんどい。国会を開き、政治家同士で話し合うべきだ」と述べた。

玉木氏は「衆院と参院の会派をどうしていくか党内で議論している」とも話した。国民民主は衆院では立民と共同会派を組むが、参院では別々の会派で活動している。26日召集予定の臨時国会の開会までに結論を出す考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン