/

この記事は会員限定です

チェーントープ、ブロックチェーンで鮮魚の履歴管理

Start@Q

[有料会員限定]

ブロックチェーン(分散型台帳)技術開発のchaintope(チェーントープ、福岡県飯塚市)は、取引記録を共有し、改ざんしにくい同技術の特徴を生かし、鮮魚のトレーサビリティー(生産履歴の追跡)などに生かしている。最高経営責任者(CEO)の正田英樹氏は、同技術が地域経済を活性化させる起爆剤になるとみている。

「朝6時9分に石巻谷川浜で水揚げされた『真ボヤ』です」。8月初旬、東京・池袋にある宮城県の特産...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン