/

この記事は会員限定です

ああ深圳、父の悲哀胸に権力志す習近平政治の不安

編集委員 中沢克二

[有料会員限定]

華為技術(ファーウェイ)、騰訊控股(テンセント)など米中技術覇権争いの最前線に立つ企業がひしめく広東省の深圳経済特区。その設立40周年の記念式典に出席するため広東省入りした国家主席の習近平(シー・ジンピン)は、父、仲勲の面影を追いながら、今後長く続く政治的な闘いへの決意を固めているのではなかろうか。

なぜなら、広東省はどん底からはい上がった父が再び成功をつかんだ幸運の地である半面、その一角にある深...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3267文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

習近平帝国の暗号 2035

著者 : 中澤 克二
出版 : 日本経済新聞出版社
価格 : 1,980円 (税込み)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン