/

この記事は会員限定です

大阪は副首都になれるか(時流地流)

[有料会員限定]

◆政府関係機関の本部は東京及びその周辺に集中しているが、貨幣を造る造幣局は違う。設立当初から大阪に本局がある。今春はコロナ禍で一般開放が中止になったが、桜の名所としても有名だ。「大阪が首都でありえた日」のなかで筆者の若一光司氏は造幣局に「大阪遷都の夢の残像が感じられる」と書いている。

◆「遷都の地は浪華に如くべからず」。大久保利通が大阪遷都の建白書を提出したのは明治維新の初期、1868年1月だった。天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り502文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン