中国自動車、財閥CPと組んで日本車王国タイ攻略

アジアBiz
2020/10/14 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

中国の自動車メーカーがタイ市場開拓に力を入れている。攻略に向けてタッグを組むのは中国と関係の深いタイ最大財閥チャロン・ポカパン(CP)グループだ。「東洋のデトロイト」の異名をとるタイはインドネシアと並ぶ東南アジアの2大市場の1つだが、日系メーカーが約9割のシェアを押さえる日本車王国だ。中国勢はCPの力を借り、タイ市場で価格攻勢をかける。

「中国側はマージンを気にしていない。まずは(販売の)数を伸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]