/

この記事は会員限定です

スバルがこだわる「眼」の大きさ 新アイサイトの次へ

[有料会員限定]
日経クロステック

SUBARU(スバル)が10月15日に発表した新型「レヴォーグ」への採用を皮切りに、実用化を開始する新世代の先進運転支援システム(ADAS)「アイサイト」。ステレオカメラを含めてシステムを刷新したのが話題を集める中、水面下では次の戦いが始まっている。

ソニー製センサーが台頭

次世代のアイサイトに向けた開発が始まった。「まだ受注できるか全く決まっていない段階。今度も供給できるよう、スバルの要求にしっかり応えていく」。気を引き締めるのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1517文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン