/

静岡の中小企業のDI、7四半期ぶり改善 信金協調査

静岡県信用金庫協会がまとめた7~9月の静岡県内の中小企業景況調査によると、景気動向指数(DI)は前回調査(4~6月)比で7.9ポイント上昇しマイナス59.1だった。景況感は7四半期ぶりに改善したが、依然と厳しい水準にある。

企業からは「少ない仕事を他社と競合している状態で、値下げ競争が激化している」などの声があがった。10~12月の見通しもマイナス56.2とわずかな改善にとどまる予想となった。

地区別では東部が16.1ポイント上昇のマイナス50.9、西部が7.4ポイント上昇のマイナス63.6と改善傾向にあった一方、中部は5.9ポイント低下のマイナス59.6と悪化した。

調査は県内9信金が合同で1222社を対象に実施し、1217社から回答を得た。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン