性暴力で妊娠、中絶に「加害者の同意」必要か

スコープ
社会・くらし
2020/10/18 2:00 (2020/10/19 18:18更新)
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

性暴力を受けて妊娠したのに中絶手術を受けられない――。こんな「二次被害」が全国で起きている。中絶を希望した被害女性が、医療機関から男性(=加害者)の同意を得るよう求められるという。犯罪被害者支援団体は関係する制度の運用に問題があると指摘し、改善を要請している。

西日本に住む20代の女性会社員は数年前、知人男性から性暴力を受けた。ショックから誰にも相談できず、1カ月半ほどで妊娠が発覚した。

中絶手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]