/

デジタル改革のWGを新設 座長に村井慶大教授

平井卓也デジタル改革相は13日の閣議後記者会見で、デジタル・ガバメント閣僚会議の下にワーキンググループを新設したと発表した。政府のIT(情報技術)政策全体の基本方針を示すIT基本法の改正内容などを議論し、政府が年内にまとめるデジタル改革の基本方針にも反映する。

村井純・慶応大教授が座長を務める。15日に初会合を開く予定で、年末までに数回開催する。平井氏は「IT基本法の改正はデジタル憲法に近い。いろんな論点がある」と述べた。来年新設するデジタル庁のあり方も議題になる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン