/

この記事は会員限定です

株高が映す 米大統領選の波乱警戒後退

米州総局 後藤達也

(更新) [有料会員限定]

12日の米株式市場で話題の中心となったのはアップル株だ。株価は6%強も値上がりし、上昇率は2カ月半ぶりの大きさとなり、史上最高値にも迫った。ただ、アップル株がこれほど上昇するほどの明確な新規材料はなかった。米大統領選を前にした地合いの変化を映しているとの見方が出ている。

アップル株の12日の売買高は2億3千万株を超え、先週末9日の2.4倍に急増した。売買代金は300億ドル(約3兆2千億円)に迫り、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1081文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン