/

この記事は会員限定です

電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後は200億円市場に

[有料会員限定]

新型コロナウイルス禍で「脱ハンコ」が進むなか、電子署名の利用が急増している。シェア8割を握る最大手、弁護士ドットコムのサービス導入社数は1年で2倍に伸びた。日本通運とGMO系も顧客拡大に向けて連携を進め、日本全体では十数万社が導入済みだ。市場は2023年度に17年度比で約10倍の198億円になる見通しで、普及がさらに進みそうだ。

電子署名はオンラインで契約を結ぶ際、契約者本人であることなどを証明するのに必要となる。日本で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1370文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン