電子署名、脱ハンコで急拡大 3年後は200億円市場に

ネット・IT
2020/10/13 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新型コロナウイルス禍で「脱ハンコ」が進むなか、電子署名の利用が急増している。シェア8割を握る最大手、弁護士ドットコムのサービス導入社数は1年で2倍に伸びた。日本通運とGMO系も顧客拡大に向けて連携を進め、日本全体では十数万社が導入済みだ。市場は2023年度に17年度比で約10倍の198億円になる見通しで、普及がさらに進みそうだ。

電子署名はオンラインで契約を結ぶ際、契約者本人であることなどを証明…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]