/

NearMe、5億円調達 大型タクシー相乗りサービス対象空港を拡大

大型タクシーの相乗りサービスを提供するNearMe(ニアミー、東京・中央)が約5億円を調達した。融資に加え、ニッセイ・キャピタル(同・千代田)、JA三井リース、DBJキャピタル(同)が第三者割当増資を引き受けた。

NearMeはコロナ禍で利用を伸ばしている

ニアミーは2017年の創業。19年から空港への行き帰りで大型タクシーに相乗りしたい人をマッチングするサービスを手掛ける。日本航空(JAL)と連携し、羽田空港、成田空港、那覇空港でサービスを展開する。調達した資金でシステム開発やマーケティングの人材を採用し、導入空港を拡大する。

ニアミーでは大型タクシーと空港までの送迎を希望する客とをマッチングする。事前に乗客の連絡先が登録されており、電車やバスと比べて余裕のある空間で少人数移動できる快適さを打ち出している。「従来は利用者の半分以上が訪日外国人客で利用者が一時落ち込んだが、今は国内出張者や観光客の利用が増えコロナ前を超えている」(高原幸一郎代表)という。

5月末には通勤向けのサービスも始めた。新型コロナウイルス対策で不特定多数の人との密集状態を避ける需要を取り込み収益拡大につなげる。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン