/

香川の宿泊者数、9月は4割減 10月以降なお厳しく

香川県は12日、9月の県内宿泊施設の宿泊者数は前年同月比で4割減だったと発表した。新型コロナウイルスの影響を受け、県内の宿泊者数は最悪期の5月には9割減まで落ち込んだが、7~8月は5割減まで回復していた。

香川県ホテル旅館生活衛生同業組合に加盟する114施設を対象に調査し、80施設のホテルや旅館から回答を得た。9月末時点での4~9月の宿泊実績と、10月から2021年1月までの予約状況を聞き取りした。

全体としては復調基調だが、今後の見通しはなお厳しい。10月の予約状況は前年同月比57%減、11月は同69%減となっている。国内旅行の喚起策「Go To トラベル」の対象に東京都が加わり、香川県での宿泊需要の押し上げ効果が期待されている。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン