/

LNG市場拡大へ協力強化 経産相、各国に呼びかけ

梶山弘志経済産業相は12日、液化天然ガス(LNG)の開発から供給までのバリューチェーン全体で温暖化ガスの排出抑制を進める方針を正式に表明した。同時に他の化石燃料に比べて温暖化ガス排出の少ないLNGの市場拡大に向け、米国やオーストラリア、東南アジア諸国連合(ASEAN)、中東諸国などを念頭に協力を呼びかけた。

同日にオンラインで開催した国際会議「LNG産消会議」で表明した。気候変動問題への関心の高まりを受け、国際機関や銀行、投資家の間では化石燃料への支援や投融資を停止・削減する動きが続く。LNGの脱炭素化を掲げることで、投融資の継続と安定した資源開発を続けていく狙いがある。

日本は世界のLNG輸入量の2割超を占める最大の消費国だが、数年内に中国に抜かれるという見方がある。中国市場の需要の急激な変化が市場全体に与える影響を抑えるため、世界のLNG市場の拡大に向けても各国と協力していく。

2016年に策定した政府の「LNG市場戦略」を初めて見直す方針も表明した。市場拡大での各国との関係強化や、世界の脱炭素化に向けたLNGの利用拡大を盛り込む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン