/

スポーツ速報のookami、地域と連携強化

スポーツの速報配信アプリを手がけるookami(オオカミ、東京・世田谷)は12日、山口キャピタル(山口市)や三菱UFJキャピタル(東京・中央)から資金調達したと発表した。山口キャピタルとは業務提携も結び、山口県内の試合情報を同社グループと集めるなど、アプリ上で地域に特化したコミュニティーづくりを進める。

「プレイヤー」のアプリではテキストによる試合速報が中心だ

2社のほかゲーム会社のアカツキがオオカミの第三者割当増資を引き受けた。調達額は非公表だが数億円という。調達した資金はサービス開発や人材採用に充てる。

オオカミはスポーツの試合経過を配信するアプリ「Player!(プレイヤー)」を手がける。全国の約600チームと連携し、学生スポーツやマイナー競技など大手メディアが報じないスポーツに対応しているのが特徴だ。

出身校の部活動や地元のチームを応援する社会人らが利用し、ウェブ版とアプリの合計で月間400万人規模が使っているという。

新型コロナウイルスの感染拡大で現地でのスポーツ観戦がプロアマ問わず難しくなる中、プレイヤーのアプリをJリーグクラブなども使い始めた。オオカミはアプリを通したグッズ販売や寄付を募る「投げ銭」など、チーム向けの機能を強化して苦境のチームを支援する。

同時に、山口キャピタルとの提携を皮切りに地域金融機関などとの連携を全国に広げる。プレイヤーのアプリ上に地域ごとのコミュニティーをつくることで、オオカミは地元企業の広告出稿などで収入増加を見込む。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン