/

この記事は会員限定です

肺がん検診をAIが補助 プリファード

[有料会員限定]

人工知能(AI)開発スタートアップのプリファード・ネットワークス(東京・千代田)は、肺がんを検診する医師をAIが助けるツールを開発した。今年度実施する京都府の肺がん検診で試験導入する。

AIの一種である「深層学習」技術で実際の胸部レントゲン画像と肺がんの診断データを大量に学習する。そのうえで検診で撮影された胸部のレントゲン画像を読み取り、肺がんの可能性がある異常な陰影を検知、画像上に表示して医師...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り265文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません