/

渋沢栄一の年賀はがき 埼玉・深谷市が制作

埼玉県深谷市は地元出身の実業家、渋沢栄一を題材にしたオリジナルの年賀はがきを制作した。渋沢は2021年NHK大河ドラマ『青天を衝け』の主人公。放送開始を前に市内にドラマ館が開館するのと合わせ、地元の機運を盛り上げる。

29日から市内の郵便局で1枚58円で販売する。デザインには渋沢の銅像や旧邸「中の家(なかんち)」の母屋を取り入れた。中の家は明治28年に栄一の妹夫婦が再建し、帰郷時に渋沢が滞在したとされる。

年賀はがきの制作は渋沢が晩年を過ごした東京都北区との協働事業。北区もオリジナルのはがきを同日発売する予定だという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン