/

この記事は会員限定です

ゾフ、眼鏡型ウエアラブル端末に参入 遠隔で作業指示

[有料会員限定]

眼鏡専門店「Zoff(ゾフ)」を運営するインターメスティック(東京・港)は、眼鏡型ウエアラブル端末に本格参入する。半導体レーザー技術スタートアップのQDレーザ(川崎市)と業務提携した。目の前に動画などを映し出し建設現場での作業指示や、トレーニング用に使えるような端末を開発する。国内の眼鏡市場は横ばいが続いており、ウエアラブル端末の開発を急ぐ。

まずは視覚障害者の視力を補う眼鏡型ウエアラブル端末を共...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン