三重に「道の駅」ホテル 御浜町、マリオット運営

2020/10/12 18:27
保存
共有
印刷
その他

三重県御浜町の「道の駅パーク七里御浜」の隣に12日、米ホテル大手マリオット・インターナショナルが運営するホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜」がオープンした。訪日客誘致と地域活性化を目指した地方創生事業の一環で全国6番目。これまで岐阜県や京都府などで開業している。

 道の駅の隣にオープンしたホテル「フェアフィールド・バイ・マリオット・三重御浜」=12日、三重県御浜町

新型コロナウイルスの収束が見込めない中でのオープンとなったが、テープカットに加わった鈴木英敬三重県知事は「コロナの不安の中、国内の自然豊かで安全な所へ旅したいという需要がある。地域発展につながってほしい」とあいさつ。ホテルを建設した積水ハウスの仲井嘉浩社長は「地方創生に少しでも役に立ちたい」と話した。

同ホテルは3階建てで全63部屋。1室9千円から。宿泊特化型で食事などは道の駅周辺の店を利用してもらう。眼前に熊野古道で知られる世界文化遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部、七里御浜海岸が広がる。道の駅では四季を通じてさまざまなミカンが味わえる。

同町はホテルの進出に伴い6月、道の駅に観光案内所を設置した。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]