/

血液中たんぱく質でコロナ重症化判別 東京医大教授ら

東京医科大学の落谷孝広教授らは新型コロナウイルス感染症で重症になりやすい人の判別に使えるたんぱく質を見つけた。血液中にこのたんぱく質がある人は、発症しても軽症のままだという。重症の危険がある人だけを洗い出し、治療に専念できるようになる。

研究グループは新型コロナで軽症だった患者31人の血液を採取し、血液中の「エクソソーム」と呼ぶ微粒子が含むたんぱく質を調べた。

入院後に重症化した9人と軽症のまま退院した22人を比べると、退院した全員に「COPB2」というたんぱく質があった。このたんぱく質が免疫に関わっているとみられる。

研究グループは検査技術も開発中で、数時間での判別を見込んでいる。感染者の血液中のたんぱく質を調べれば、重症になるか軽症になるかを判定できる。このたんぱく質は免疫に関わっており、治療薬の開発にも役立ちそうだ。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン